スポンサーリンク
健康・美容

ネフローゼ症候群闘病記 三年間再発していない人の話

こんにちは。べる(@bell_no_heya)です。

 

今まで、闘病生活を書いてきました。

今回記事にするのは、リツキサン治療を始めてから3年間再発していないため長期間ステロイドを服用していないことと、再発しないことで生活がどう変わったか書いていきたいと思います。

ネフローゼ症候群闘病記 三年間再発していない話

最初にリツキサン治療を受けてから、薬の効力が切れてきたことで一度大きな再発を経験して入院しています。これがきっかけで、リツキサン治療を続けることになったわけですが・・・

この大きな入院とリツキサン治療を始めたきっかけは、前回の記事で書いています。

ネフローゼ症候群闘病記 腎毒性が見つかった話・リツキサン治療との出会いこんにちは。べる(@bell_no_heya)です。 今回はうれしいことがありました。僕の執筆した記事にコメントが届きまし...

 

リツキサン治療のおかげで、三年以上再発をしていません。




これによって、生活が変わりました。

再発しないことで、世界が変わった話

まず、再発しないということはステロイドを服用していないということです。

ステロイド(プレドニゾロン)服用時は、とにかく副作用に悩まされていました。ムーンフェイスや動悸、息切れ、鬱や暴飲暴食、手の震えなどなど・・・

挙げたらキリがないくらいの副作用に悩まされていました。

これらの副作用から、解放されたというのが今一番合っていると思います。

 

出来るようになったこと

ステロイドの服用をやめてからは、まず好きなものを食べれるようになりました。今までは、薬のせいで太りやすかったのもあるので、高カロリーのものは当然食べれませんでしたし、量も減らす必要がありました。

 

今は、そういうことを全く気にしなくなりました。

 

まあ、ステロイドを服用していないので食欲自体あまりないので小食です。笑

 

あとは、自分に自信を持てるようになりました。

服用中は太っていたことを引け目に感じて、周りの目が気になっていました。

周りから「あの人、顔ぱんぱんじゃん。きもい」とか言われている気がして、外に出るのも億劫でしたし、本当に人と話したくありませんでした。

ステロイドをやめてからは、体重も安定して、体系も細くなったと思うので人並みにおしゃれをして、街を歩くことが出来ています。




 

ステロイドをやめても、困ることはある

ステロイドをやめてから、一つだけ体質に変化があります。

それは、アレルギー体質になったことです。

元から肌が弱いのか、乾燥肌でアトピー気質があるのか・・・肌が荒れやすくなりました。

寝ている間に、かき壊してしまうことがよくあります。

 

ステロイドをやめれば、良いことばかりだと思っていましたが、そう上手くはいかないんですね・・・笑