スポンサーリンク
ドラマ

ノーサイドゲーム 3話 ネタバレと考察

ノーサイドゲーム第3話、物語がいよいよ動き出した感じがしますね。

原作を知らない私にとって、ドラマが毎週楽しみで仕方がありません。

ノーサイドゲーム 第3話あらすじ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は、様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。君嶋は各チームのGMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。他のチームのGMたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず・・・。
府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。しかし新しいことを始めるには予算がかかるため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することに。
数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い・・・。

引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s3.html

冒頭で、プラチナリーグの運営会議に出席する君嶋(大泉洋)は、トキワスタジアムへの顧客集客率の悪さに、会議でラグビー業界の問題について指摘を入れていました。

「トキワ自動車だけの問題じゃなく、ラグビー業界全体で国内のラグビーに対する見方を変えていきませんか?」と

ラグビーの経験がない君嶋を笑い者にする雰囲気。

ほんと、現状維持を好む向上心のない日本企業の悪癖が会議のシーンでおもいっきり現れていたと思います。

会議で、意見が認められなかった君嶋は、アストロズのファンクラブ設立を思いつきます。

ファンクラブだけでなく、地域貢献、ボランティア、ラグビー教室、ホームページの作成などアストロズの活動に力を入れていきますが、追加予算2000万円が必要になり役員会議へ赴くことになった君嶋・・・

滝川常務は、追加予算資料を見て「もっと早くやるべきだったのに、いまさら遅いんだよ!」と言いながらも、社長の一言で追加予算が可決されます。

会議室を去る滝川は君嶋に「楽しみにしてるよ。開幕戦」と言い残します。

ノーサイドゲーム 滝川常務はラグビー経験者じゃないの?

一話でアストロズの廃部を巡り、バトルを繰り広げた君嶋と滝川でしたが、滝川自身も会社の広報部時代にアストロズの監督人事をめぐってアストロズに関わっていたことがありました。

そこで、日本代表を引退した柴門をアストロズの監督候補に選んだのが広報部時代の滝川だったそうです。

滝川はトキワ自動車の社長の座を狙い、君嶋と対立する悪役ですが、常務まで上り詰めるほどのやり手ということなので、柴門を監督候補に挙げたのもアストロズのことを思ってのことじゃないでしょうか。

まとめ

いよいよプラチナリーグ開幕戦、初戦はタイタンズ!

滝川の本当の狙いはなんなのか、プラチナリーグをアストロズは優勝できるのか。

楽しみですね。