スポンサーリンク
ニュース

ホワイト国から韓国を除外決定!わかりやすく解説

韓国がホワイト国から除外されます。

日本政府は安全保障上の輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外するとして、2日午前に閣議決定しました。

7日に公布、28日に施行されます。

韓国、ホワイト国除外!どうしてこうなった?ホワイト国ってなに?

ホワイト国というのは、

安全保障上の輸出管理の一環である日本独自の制度であるキャッチオール規制に対して、優遇措置をとっている国のことを日本では「ホワイト国」と位置づけています。

戦争や紛争などに軍事転用される材料や燃料は、輸出している日本側が厳しくチェックしています。

ホワイト国に指定されている国は、信頼があるため、チェックが簡略化されスムーズに貿易ができるようになります。

わかりやすく言うと、めんどくさい手続きをしないでものが買える国ということです。

韓国は核やミサイルの材料となるものを日本から輸入して、北朝鮮に横流ししているのではないか懸念もあります。

また、慰安婦問題や徴用工問題をめぐって解決済みであるのに不誠実な態度が日本の不信感をかって、ホワイト国除外という措置になったのでしょう。

日本は、今回韓国をホワイト国から除外するのは安全保障上の貿易管理の見直しだとしています。

SNSの反応

 

韓国ホワイト国除外でデメリットはあるの?

日本政府は、韓国のホワイト国除外でデメリットは無いとしています。

ホワイト国を除外するといっても、韓国との貿易がなくなるわけではないので他の国と同じ基準で貿易をするというだけです。

韓国は、ホワイト国除外を受けて不買運動を行ったり、韓国政府は「両国間の関係がさらに悪化して取り返しがつかなくなる」と批判していますが、

日本は内需の国なので、韓国が不買運動をしたり、日本への輸出が規制されても困ることはありません。

(キムチだって日本製のほうがおいしいですし、)

韓国ホワイト国除外について まとめ

韓国ホワイト国除外
  • ホワイト国除外が閣議決定。7日公布、28日施行
  • 韓国は日本製のものを不買運動している
  • 韓国ホワイト国除外で、貿易がなくなるわけではない
  • 日本は内需の国なので、デメリットはほぼなし
  • 韓国のホワイト国除外は、安全保障上の貿易管理の見直しの一環

前述したように、韓国をホワイト国から除外したからといって貿易をやめるわけではありません。

ただ、慰安婦問題や徴用工問題にしろ韓国から謝罪と賠償を求められ続けてきました。(解決済みなのに・・・)

その度に「遺憾の意」を武器に抗議していたため、韓国も日本の足元を見て好き勝手言ってきたため、今回は「調子に乗るとこうなるよ」という日本が少し前に出たことになります。

韓国とは、安全保障上の協力関係もあるため、これ以上関係をこじらせたくないとも思いますが、少しお灸をすえる必要があるかもしれません。