スポンサーリンク
未分類

コーラとコーク呼び方にどんな違いがあるの?

連日暑い日が続いて、キリっと冷えた炭酸飲料が飲みたくなりますよね。

炭酸飲料のなかでも「コーラ」って代表的だと思いますが

「コーラ」のことを「コーク」と呼ぶ人いますよね?

ネット上では「コーラ」のことを「コーク」と呼ぶと

なんかイキってるみたいで嫌いという声が聞きますが、明確な違いってあるのでしょうか。

『コーラ』と『コーク』呼び方にどんな違いがあるのか

タイトルにもしてあるように『コーラ』と『コーク』呼び方の違いって何なのでしょうか。

まず『コーク(coke)』というのは、コカ・コーラ社の省略した愛称になります。ですから、アメリカで『コーク』と注文すると『コカ・コーラ社のコーラ』が出てきます。

コーラと言っても『ペプシ・コーラ』『メッツ・コーラ』など色々ありますからね。

ペプシを扱っている飲食店で『コーク』と注文すると・・・

「We don’t have Coke, but is Pepsi, OK?(うちはコークは扱ってないけど、ペプシ(コーラ)でも大丈夫?)」

と確認される場合もありますし、飲食店で働いている人なら外国人客に対してこの英文を使えたりもしますね。

味の違いこそ、わかりませんが『俺はコークじゃないと嫌なんだ!』という人もいるかも知れませんし。

「『コーラ』と『コーク』の違い

●『コーク』はコカ・コーラ社の『コーラ』を指した呼び方。愛称。

『コーラ』『コーク』呼び方についての反応

『コーラ』と『コーク』の違いについて まとめ

『コーラ』と『コーク』の呼び方の違いについて、深く考えたことはありませんでした。

ネットでは、『コーク』って呼ぶとイキってるとか、嫌いとか言う人もいますが、違いを理解して使っていると、一つ賢くなった気がします。

『コーラ』も色んな派生商品があるので、外国人から『コーク』といわれたらコカ・コーラの見慣れた赤いラベルのことなんだなぁって、理解できますよね。