スポンサーリンク
ゲーム

メタルギアソリッドについてまとめてみた。

こんにちは。べる(@bell_no_heya)です。

前回から始めた「小島秀夫の物語」の第2弾です。

小島秀夫を語る上で「メタルギアソリッドシリーズ」は外せません。小島監督の作品は、発売される前から、トレーラーや小島監督のインタビューを元に考察を繰り広げるファンや彼の作品を信仰するファン、日本国内だけでなく海外にも根強い人気があります。




そんな小島監督作品の人気を確実なものにしたのが「メタルギアソリッド」だと思います。今回は、メタルギアソリッドシリーズの第1作目について、掘り下げていきたいと思います。

ドット絵から3Dポリゴンへ。メタルギアソリッドの軌跡

メタルギアソリッドは、小島監督が手掛けたMSX2ソフト「メタルギア」「メタルギア2 ソリッドスネーク」の続編となる作品です。

対応ハードはソニーコンピュータエンタテインメントから発売されたプレイステーションです。

3Dポリゴンを用いた潜入アクションゲーム

メタルギアソリッドの物語のテーマは「GENE(遺伝子)」。

米国の「フォーチュン」誌では「20世紀最高のシナリオ」と称され、物語だけでなく、プレイステーションの性能を最大限に活かした映像、演出なども評価されています。

ゲームを通して「反戦・反核」のメッセージが紡がれていく。

メタルギアソリッドシリーズの大ヒットを決定づけた「20世紀最高のストーリー」である本作は、米国・アラスカが舞台となります。

メタルギアという作品は、銃を派手に撃ちまくり、敵を倒していく爽快感を味わうものではありません。

「独り、敵の基地に潜入し、誰にも見つからず痕跡さえも残さずに任務を遂行する」というのがメタルギアシリーズのコンセプトであり、醍醐味です。

3Dポリゴンへと進化したことで、潜入の幅が広がり、映画のようなゲームという小島監督の世界が繰り広げられています。

また、メタルギアはシリーズを通して「反戦・反核」のメッセージが紡がれています。しかし、ニュースや新聞などで目にする「戦争反対!」「核をなくせ!」といった上辺のものではなく、説教じみたこともなく、物語に自然と組み込まれていることもシリーズの魅力なのかもしれません。




ストーリー

あらすじ

21世紀初頭。

アラスカ フォックス諸島沖の孤島、シャドーモセス島にある核兵器廃棄所で現役ハイテク特殊部隊FOXHOUNDが突如として蜂起、島を占拠した。

数百の核弾頭を手にした彼らの要求は「伝説の兵士:ビッグボスの遺体。

彼等は24時間以内に要求が受諾されない場合、核を発射すると通告してきた。

史上最大のテロ事件に、元FOXHOUND隊員ソリッド・スネークが呼び戻された。

そして極秘裏に任務が下る。

核兵器保存庫に単独潜入。

人質として囚われたDARPA局長、アームズテック社社長を救出。

テロリストを排除し、基地を武装解除せよ!!

そしてソリッド・スネークは独り、戦場へと向かう・・・・・。

現役FOXHOUNDの蜂起

アラスカ半島・アリューシャン列島・フォックス諸島沖の絶海の孤島シャドーモセス島で、ハイテク特殊部隊「FOXHOUND」が島を占拠しました。

島全体が核兵器廃棄所となっており、主人公「ソリッド・スネーク」は単独で潜入することとなります。

武器も装備も現地調達、非公式の極秘任務、公式な支援は当てにできない。という序盤から熱い展開となります。

FOXHOUNDは、かつてスネークが所属していた舞台でもあります。

島を占拠したメンバーは6人

念力を持つサイコ・マンティス

変装の名人デコイ・オクトパス

巨漢のシャーマン、バルカン・レイブン

射撃の名人、リボルバー・オセロット

天才女狙撃手、スナイパーウルフ

そして、実行犯のリーダー、リキッドスネーク

ソリッド・スネークと同じく、スネーク(蛇)の暗号名(コードネーム)を持っていました。

シャドーモセス島事件

ソリッド・スネークに任された任務は2つ。FOXHOUNDが占拠した核廃棄所に単独潜入し、人質として囚われたDARPA(国防省付属機関先進研究局)局長のドナルド・アンダーソンとアームズ・テック社社長ケネス・ベイカーの救出、さらにFOXHOUND部隊の武装解除でした。

下された任務に疑念を抱きながらも、単独でのスニーキング・ミッションを開始することになります。

リキッド・スネークの正体

「メタルギアソリッド」は、人間の生き方を定める遺伝子(GENE)をテーマにしています。

主人公・ソリッドスネークとリキッドスネークはビッグボスの遺伝子を受け継いだクローンだったのです。

2000年代を前にして、クローン問題が世間をにぎわせていたこともあり、時代背景を上手くあらわした設定であると言えます。

ゲームの中にも様々なドラマが

メタルギアシリーズの醍醐味、それは「無線」です。

スネークをサポートするユニークなキャラクターたちとの無線がファンの中では、人気です。

本作では中国のことわざ、最先端の医療情報、メタな発言などゲームに直接は関係のない無線を楽しむこともできます。

さらに、超能力者「サイコ・マンティス」との戦闘では、コントローラーの振動を使った念力の演出やゲーム画面が突如暗転したり、メモリーカードのセーブデータから今までプレイしたゲームを言い当てるなどの遊び心があることでも有名です。

まとめ

いかがですか?

メタルギアソリッドシリーズ第一作目のネタバレを最小限に抑えて執筆してみました。

この記事を読んだ人に是非、メタルギアソリッドシリーズをプレイしてほしいからです。