スポンサーリンク
ニュース

バカッター改め、相次ぐバイトテロ!訴訟は待ったなし!

「バイトテロ」というワードが今年に入ってからよく目にします。

みなさんは聞いたことがあるでしょうか。




アルバイトの度が過ぎた悪ふざけが、SNS等で炎上し拡散され、企業側にとっては思っても見ない損害を被ること。それがアルバイトによるテロだから「バイトテロ」とインターネット上で言われています。

相次ぐバイトテロ、問われるアルバイトの倫理観

くら寿司やバーミヤン、ビッグエコーなど大手チェーン店で、アルバイト店員が業務中の様子をスマートフォンで撮影し、不適切な動画が拡散され炎上しています。

数年前、SNSが広まり出した時にツイッター上でコンビニのアイスケースに入ったり、大手ファストフード店で店員が食材に寝転がってみたりした画像が出回り、炎上した。

バカとツイッターを掛け合わせた造語、バカッターが問題となっていたのも記憶に新しいことですね。

バカッター再び?インスタグラムのストーリー機能で度胸試しか

インスタグラム、通称「インスタ」には「ストーリー」と呼ばれる24時間で投稿が消える機能があります。

今回、「バイトテロ」と言われるアルバイトたちの行動は全てインスタのストーリーに投稿されたもので、それがツイッターなどの他のSNSに投稿され拡散されました。

「消える投稿」というのが、『どうせ消えるから何やってもいい』といった軽率な行動を誘発するのでしょうか。

『自分を見てほしい』という承認欲求が高まり、ストーリーを利用し過激な動画を投稿することが若者の間で度胸試しのような感覚に陥っているのではないでしょうか。

バイトテロに制裁、妥当か?やり過ぎか?

大手回転ずしチェーン店くら寿司は「不適切動画」を投稿した従業員に対して法的措置をとる手続きが進められています。

アルバイトによる「不適切な動画」の影響で企業のイメージダウン、株価の下落、従業員の信用問題と様々な面で影響が出ています。




くらコーポレーションは、解雇したアルバイト2名に対し法的措置を施すとしているがこの対応に賛否が問われています。

  • バカを採った企業にも問題がある
  • 若者に下す制裁にしては厳しすぎる
  • 賃金が安いからだ

バカを採用した企業にも問題がある

一部から抜粋したものの、「バカを採用した企業にも問題がある」ということは、まあ…理解できます。

この件に関して、タレントのユージさんは、自身が出演する番組で「ちょっと企業がかわいそうかなとも思ったんですけど、よく考えたら、バイトの面接をして合格させているわけですもんね。で、雇っているので、一概にこの人たちだけが悪いというよりは、そういうことやりかねないとか、こいつとこいつで一緒にいると問題を起こしかねない2人だからちょっと離そうとか、見極めなきゃならないですよね」と発言。

ただ、世間が人手不足と言われる中で「バカでも採用しなければならない」というサービス業界が慢性的な人手不足に陥っている状況にもあります。

採用したうえで、不祥事を起こしそうな人同士はシフトを変えるといった人を見極める目は確かに必要だと筆者も思います。

制裁が厳しすぎる

「はぁ?」とこの意見に唖然としました。

確かに10代後半の若者に数億円の損害賠償と言っても払えるわけも無し、一生賠償責任を負って人生終わり、になるので現実味がありません。

バカをやった若者にしてみたら「ただ悪ふざけをしただけ」かもしれませんが、そのせいで企業側は株価の下落、従業員の信用問題といった営業妨害を受けているわけです。

それくらいのことをしたんだという「自覚」を持ってほしいと思います。

「バイトテロ問題」と一言で片づけられていますが、威力業務妨害にあたります。

立派な犯罪です。

賃金が安すぎる

こういった意見は、おかど違いでしょ。

バカを採用した企業に問題があるんだったら、その企業で働こうと思った側にも問題があります。

まとめ

今回の問題に関して感じることは、全体的にモラル・倫理観が低すぎると思っています。

バカを採用しなければならない状況なら、社員教育を徹底するための時間帯責任者を立てたり、アルバイトの研修を行ったりと企業側のソリューションを徹底しなければいけないことだと思います。

また、世間がSNSで自由に情報発信できるようになっているということにいい加減気づいてはいかがでしょうか。

SNSという自由な空間だからこそ、高い倫理観が問われる時代になっていると企業もアルバイトも認識すべきです。

と、いうより小さいころから親や先生から教わりませんでしたか?「人の迷惑になることはするな」と。