スポンサーリンク
アニメ・声優

Aqours 5thLoveLive! メットライフドーム 感想・まとめ

6月8日・9日は静岡県沼津市を舞台にアニメ化されたラブライブ!サンシャイン!!

そのアニメで結成されたスクールアイドルユニットAqoursの5thライブが埼玉メットライフドームで開催されました。

今回は、ライブの感想・セットリストなどの情報、ライブのBlu-rayはいつ発売なのかまとめていきたいと思います。

Aqours 5thライブ in メットライフドーム日程・場所

Aqours 5th ライブの日程や開催情報のまとめです。

タイトル:ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 5th LoveLive! Next SPARKRING!!

日 程 :2019年6月8日・9日

開催時間:17時

場 所 :埼玉メットライフドーム

Aqours 5htライブ inメットライフドーム セットリスト

01.僕らの走ってきた道は…

02.スリリング・ワンウェイ

03.青空Jumping Heart

04.SKY JOURNEY

05.Daydream Warrior

06.逃走迷走メビウスループ

07.予測不可能Driving

08.Marine Border Parasol

09.ハジマリロード

10.Hop? Stop? Nonstop!

11.恋になりたいAQUARIUM / HAPPY PARTY TRAIN

12.君の瞳を巡る冒険 / “MY LIST” to you!

13.未来の僕らは知ってるよ

14.SELF CONTROL!!

15.Believe again

16.Brightest Melody

17.Over The Next Rainbow

18.ホップ・ステップ・ワーイ / Jump up HIGH!!

EN01.卒業ですね

EN02.Guilty!? Farewell party

EN03.サクラバイバイ

EN04.Next SPARKRING!!

Aqours 5thライブ 感想・まとめ

劇場版サントラ・想い出を飛ぶ紙飛行機のオープニングから始まった今回のライブ。

1st、Main theme of Lovelive! Sunshine!

2nd、HAPPY PARTY TRAIN ツアーメインテーマ

3rd、起こそうキセキを

4th、浦の星交響楽団による「Main theme of Lovelive! Sunshine!」の生演奏と、これまでのライブはテンションの上がる幕開けが続いていました。

一番最初に披露された曲は劇場版最初の曲「僕らの走ってきた道は…」です。

劇場版の衣装、そしてステージに現れたのは6人の影。2番が始まるとAqours9人が揃います。

続く曲に「スリリング・ワンウェイ」「青空Jumping Heart」と予想していた曲とは全く違い、呆気にとられました。(まさにミーアキャット状態)

9人揃って、自己紹介とコール&レスポンスを終えると一度舞台裏にはけて僕道のジャケットを脱いで再登場。「SKY JOURNY」「Daydream Warrior」と序盤の元気な曲とは違って、クールな曲になりました。(やっと現地でデイドリが聴けた!)

2曲終わった後には、3年生だけでの登場。

劇場版楽曲「逃走迷走メビウスループ」が披露されました。劇場版の衣装に合わせて披露された3年生楽曲は、1年生、2年生楽曲には無いセクシーさがありますね。

続けて披露されたのは「予測不可能Driving!」、鞠莉の運転する車に扮したトロッコでアリーナをドライブ。3年生曲を終えると「Marine Border Parasol」メンバーカラーのギンガムチェック柄の衣装がかわいかったです。一年生曲の「ハジマリロード」は高槻かなこ(国木田花丸 役)さん、小林愛香(津島善子 役)、降幡愛(黒澤ルビィ 役)が乗ったトロッコが2階スタンド席を移動していきました。一番近いところで、キャストとの距離2メートルくらいしかなかったのではないでしょうか。

劇場版の映像を挟んで、次は「Hop? Stop? Nonstop!」、劇場版のイタリアをイメージして作られたステージで、鈴木愛奈(小原鞠莉 役)をセンターにして披露されました。

日が沈み、暗くなった会場に現れたのはSaint Snow。函館ユニットカーニバルから、およそ一年半ぶりに披露された「SELF CONTROL!!」。そして新曲「Believe again」。

Aqoursは9人で「Brightest Melody」を披露し、劇場版のラブライブ!決勝戦延長戦が表現されました。

11人のSaint Aqours Snowで披露された「Over The Next Rainbow」は、佐藤日向(鹿角理亞 役)さんのラップパート、田野アサミ(鹿角聖良 役)さんの歌唱力、声量に圧倒されたのをおぼえています。

Saint Snowの2人の挨拶が終わると、Aqoursの9人もそれぞれの想いを語っていました。

伊波杏樹(高海千歌 役)はこれからのAqoursの活動に期待を込め、沼津への愛「ラブライブ!サンシャイン!!をもっと好きになってくれたら嬉しいです。好きでい続けることは難しいけど、私の始まりは『ラブライブ!』が好きということだけでした。」と述べました。

最後の曲となったのは、発売前の「Jump up HIGH!!」でした。Aqours初めてのサビでタオルを回す曲となりました。

アンコールでAqoursコールが会場に響く中、スタンド、芝生、立ち見席が8色の虹がかかり、アリーナにはみかん色がかかり、9色の虹が完成しました。

9色の虹がかかる中で歌われたアンコール曲、まさかのユニット曲でしたね。ファンミーティングでユニット曲の披露はありましたが、ナンバリングで歌われるのは2nd2017年の夏以来となります。AZALEAで「卒業ですね」、Guilty Kiss「Guilty!? Farewell party」、CYaRon!は「サクラバイバイ」が披露されました。

アンコール最後に披露されたのは劇場版でもラストを飾った「Next SPARKRING!!」ステージでAqours6人が円になり番号を叫びます。「1」から「6」に続く、「7」「8」「9」、観客から「10」の声。

劇場版で千歌ちゃんは、「聞こえた?」と3年生の声が聞こえたことに嬉涙を浮かべますが、今回のライブでは「10」の声が聞こえたことに「聞こえた?」と言っていたように感じました。

1stライブのあと、伊波さんは、「MIRAI TICKET」の番号で「10」の声が聞こえるか、Aqoursを受け入れてくれるのか不安だった、と語っていました。

今回のライブでは1stからの成長が感じられて、つい目頭が熱くなったのを覚えています。

映画だと「9」で終わっていた声が、ライブだと「10」の声が聞こえてステージを作っていく、まさに「みんなで叶える物語」というラブライブのコンセプトになっていると感じました。

最後の曲を歌い終え、階段を昇るAqours。2019年にはCDリリースが止まりませんし、AqoursCLUB2019も始まります。

来年にはライブツアーもあるため、これからのAqoursの活動が楽しみで仕方がありません。

ついに歌わなかった、君の心は輝いてるかい?

1stから4thと毎回ステージで歌っていた「君の心は輝いてるかい?」。

この曲はAqoursのデビューシングルです。

なぜ歌わなかったの?という声も上がっていましたが

私は、Aqoursの輝きをアニメ・劇場版を通して見つけています。だから、Aqoursとしては始まりよりも、これから、次への期待を込めて今回のライブでは歌わなかったのだと思っています。

Aqours 5th ライブ Blu-ray発売はいつ?

これまでのライブBlu-rayの発売が公演から、ほぼ半年後なので、年内の11月か12月には出るのではないでしょうか。

今後のAqours 活動予定は?

  • 6月30日 AqoursCLUB 2019 発売
  • 9月25日 4thシングル「未体験HORIZON」発売
  • 10月30日  KOKORO Magic “A to Z” 発売
  • 2020年 ライブツアー開催

まとめ