スポンサーリンク
ゲーム

【Shadowverse】ジンジャーウィッチ これからの環境トップに加わってくるか!?

7月11日のシャドウバースアップデートで、ヴァンパイアからは「哀切の悪鬼」「絢爛のセクシーヴァンパイア」ビショップからは「清純なる祈り・エイラ」がナーフ(弱体化)されました。

これまで、日の目をみなかったデッキが環境トップに躍り出るチャンス!

ランクマッチであまり見かけない「呪いの言霊・ジンジャー」を軸にデッキを作ってみました。

ジンジャーウィッチ デッキが楽しい!

こちらがデッキの構築内容になります。

・蒼の少女・ルリア 3枚

・雷鳴の軍神・フニカル 3枚

・メカゴブリン 3枚

・一角獣の巫女・ユニコ 1枚

・ルーキーマジシャン・サミー 3枚

・ハンマーソーサラー・ジオス 2枚

・マナリアリッチボーイ・シラティ 3枚

・大焔の軍神・ヤヴンハール 3枚

・颶風の軍神・グリームニル 3枚

・エンジェルシュート 1枚

・ラブリー★モニカ 2枚

・才能の開花 3枚

・神託の妖童・アルルメイヤ 2枚

・闇の翼・オリヴィエ 2枚

・呪いの言霊・ジンジャー 3枚

・至高神・ゼウス 3枚

ジンジャーウィッチ デッキの回し方

マリガン

初手マリガン時には「呪いの言霊・ジンジャー」「ハンマーソーサラー・ジオス」「マナリアリッチボーイ・シラティ」は先行・後攻関係なく手札に加えておきたいところです。

先行なら「メカゴブリン」や「一角獣の巫女・ユニコ」、後攻なら「颶風の軍神・グリームニル」や「神託の妖童・アルルメイヤ」を手札に加えていきたいですね。

初手から4ターン目まで

「メカゴブリン」や「ルーキーマジシャン・サミー」など低スタッツのフォロワーを横に並べて、盤面を有利にとっておきたいところです。

「ハンマーソーサラー・ジオス」は後攻4ターンの場合、進化で「才能の開花」を確定でサーチできるので2/5/5必殺で置けるため、エイラやテトラなどにもプレッシャーをかけるために置いても良いと思います。

5ターンから7ターン目まで

「雷鳴の軍神・フニカル」や「大焔の軍神・ヤヴンハール」のコンボを使って、進化の回数を増やしていきましょう。

6ターン目に「神託の妖童・アルルメイヤ」を進化置きできれば、この後の展開でリソースが不足することもなく6/7/7で大抵のフォロワーを上から取ることもできます。

7ターン目で進化回数を順調に増やしていれば、エンハンス7で全除去できます。

8ターンから10ターン目

後半はそろそろリーサルを狙っていきたいですね。

進化回数5回でも十分ゼウスのスタッツを上げることができるので、「ジンジャーの言霊」と組み合わせてもリーサルを狙うことは可能です。

6ターン目でアルルメイヤを置けていれば、なるべくリソースを消費してデッキを掘っていきたいですね。

ジンジャーウィッチ デッキのデメリット

スペルウィッチのようにガンガンスペルブーストをかけて、狂信者や真実の宣告でバーンダメージを与えられないので、早期決着が難しいデッキです。

そのため、勝つためには序盤の盤面処理を丁寧にしていかなければいけません。

vs 秘術ウィッチ戦

序盤でバーンダメージを受けて追い詰められているように見えますが、後半からしっかりと追い詰めることができています。

プレイしていてすっごく楽しいデッキだと感じました。

今後のウィッチの環境

デッキ構築に大会上位のデッキ構築を見ることができるため、バーンウィッチが多くなってきたと感じています。

今まで、スペルウィッチを使ってきてナーフ前のエイラビショップ、復讐ヴァンパイア、機械ヴァンパイアとも戦えていました。

ビショップやヴァンパイアがナーフを受けたことで、今まで表に出てこなかった新しいタイプのデッキが出てくると思うので、このデッキも完成形ではないですが、現段階でもそれなりに戦えています。