スポンサーリンク
ニュース

最低賃金引き上げへ!いつから?全国引き上げ額について

全国の2019年度最低賃金の引き上げが決まり、全国平均900円を突破することとなります。

アルバイト、フリーターは最低賃金の引き上げに歓喜していますが、引き上げ時期や全国の最低賃金の現状はどうなっているのでしょうか。

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は31日、2019年度の最低賃金(時給)の目安を全国平均で27円引き上げ、901円にすると決めた。全国平均が900円を突破するのは初めてだ。引き上げ幅も18年度を上回り、2年連続で過去最大を更新。都道府県別の最低賃金では、東京と神奈川が初の1000円超えとなる。

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019073100194&g=eco




全国最低賃金引き上げで、1000円台突破も!引き上げはいつ?

最低賃金の引き上げ時期は、10月になります。

ほとんどの都道府県は10月1日から、引き上げ額が適用されるので

11月振込みの給料から適用されるのではないでしょうか。

最低賃金が1000円を超えるのは、東京が1,013円神奈川が1,011円。

となっていて、引き上げ率は全国で3.09%の引き上げとなります。

(画像引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019073100194&g=eco)




最低賃金が上がるのは、雇用側としてはうれしいことですが、最低賃金が1,000円を超えるのは東京と神奈川の1都1県だけですし、ほとんどの都道府県は700円台のところがほどんどです。

自分の住んでいる都道府県の最低賃金の現状にSNSでも話題になっています。

最低賃金引き上げでネットの反応は?

最低賃金引き上げについて、ツイッターの反応をまとめてみました。

最低賃金引上げについて まとめ

最低賃金が上がることで、雇用側は喜ばしい限りです。

しかし、10月から消費税が10%になり、最低賃金が上がっても体感的には現状と変わらないようにも思います。

経営者側は、従業員に支払う給料が多くなるため、雇用側も今までと同じような業績だと、給料泥棒になってしまうので、気をつけたいところです。