スポンサーリンク
アニメ・声優

キズナアイ 中の人の分裂を巡って炎上!4号と炎上の理由は?

人気バーチャルユーチューバー(Vtuber)の「Kizuna AI(キズナアイ)」を巡って今、ネットでは様々な憶測とキズナアイというコンテンツに疑問の声が上がっており、炎上しています。

キズナアイって何?

まず、キズナアイってどういうものか説明しないといけません。

キズナアイとは、

Youtube上で動画配信をおこなっている動画配信者です。

今では、素性を隠して3DCGでバーチャル活動を行う動画投稿者=VTuberが次々と有名になっていますが、キズナアイはこのVTuberの先駆けとも言える存在です。

2007年8月に発売されたYAMAHA音声合成ソフト(VOCALOID2)をきっかけに、初音ミクという存在が「未来的なアイドル」というコンセプトを誕生しました。

バーチャルのアイドルという位置づけでは初音ミクは当時、ニコニコ動画ユーザーを中心に人気が爆発しましたが、キズナアイもそれと同じような衝撃だといえます。

キズナアイは、真っ白な仮想空間で生活しており、そこで動画配信を行っています。

動画の内容は、体力測定をしたり歌ってみたり、踊ってみたり、ゲーム実況をしたりとYoutuberのような活動をしています。

その人気はすさまじく、Youtubeのチャンネル登録者はサブチャンネルも含めると330万人を超え、現在活動しているバーチャルYoutuberのチャンネル登録者ランキング10位以内全員の登録者を足しても、ようやく届くほどの存在のようです。

好きなものに、「セーラームーン」や「カードキャプターさくら」を挙げていて、「ラブライブ!」の矢澤にこが好きと公言もしています。

スクフェスもプレイしていて、矢澤にこピックアップのときには、にこ目当てにガチャを狂乱しながら回すほど・・・

キズナアイ 中の人分裂で炎上。中の人4号の過激な発言に中国ファンは・・・

キズナアイといえば、この声がオリジナルのキズナアイといえますが、キズナアイの声を務める中の人=声優が複数人いることを公式が発表しています。

発端となったのは、この動画

ランダムワード生成機に加えて、動画担当、ゲーム実況担当、踊ってみた担当とそれぞれの担当がいると・・・

(ただ、キズナアイというコンテンツの設定としてアップされただけなのでは?なんか声同じように聞こえるし、似てる声の人が4人いるってこと?)

この分裂騒動が冷めないうちに、中国語を話すキズナアイの中の人が原因で炎上します。

このツイートに写ってる猫ちゃんが、キズナアイの運営会社の上役の人が飼っている猫にそっくりだということが、原因のようで・・・

  • サーリアは運営のお気に入りなのでは?
  • 愛人をキズナアイにするために「分人」を提案したのでは?

と、噂されることになりました。

公式から、文書が出ていますが要約すると

  • 事実と関係ないデマは信用しないでください。
  • 「分人」という考え方で、色んなキズナアイがいるよ。
  • オリジナルのキズナアイは引退しないよ。
  • 中国語が話せるのは4番目のキズナアイだよ

という、ところでしょうか。

ちなみにこの文書による説明は、中国に対して行われたものであって、日本に対しては何の説明もないとのこと。

それが、さらにファンの不信感を煽ったのでしょう。

キズナアイ4号の裏アカが判明!?暴言も

愛人疑惑がある中で、キズナアイの中の人4号が裏アカで中国のファンに対して暴言を吐いたことが、さらに炎上した要因のようです。

世界中にファンがいるキズナアイのことなので、ファンにとってはショックな出来事ですよね。

中国では、中国版ニコニコ動画「ビリビリ」というサイトでキズナアイの存在が広まり、人気となっていました。

中国でも日本と同様にキズナアイの中の人が複数いることを良く思わない人がいたようで、10万人以上がチャンネル登録を解除しています。

キズナアイ 中の人の分裂を巡って炎上で1号が謝罪!動画あり

キズナアイの中の人(4号)の炎上騒動が原因で、キズナアイのオリジナルが謝罪しています。


炎上後の謝罪動画ということで、ファンは一連の騒動の火消し役としてオリジナルが利用されたのではないかと噂しています。

キズナアイ 中の人の分裂を巡って炎上 まとめ

キズナアイの分裂を巡って、今も炎上が続いています。

運営が行った文書による火消しも効果がないみたいで、4号が愛人なのかもファンに対して暴言を吐いたのも、特定されてると言われていますが・・・

物的証拠として信憑性は高いものの、噂にしか過ぎません。

キズナアイは個人的にも好きなVtuberなので、騒動が早く沈静化して、キズナアイの活躍がもっともっと広まることを願うばかりです。