スポンサーリンク
アニメ・声優

ラブライブフェスチケット当たった?倍率は?応募はまだできる!

ラブライブ!シリーズ9周年を迎えて、ラブライブフェスの開催が発表されました。

そして、24日にはラブライブフェスの先行抽選の当落が発表されましたが、皆さんチケットはあたりましたか?



ラブライブ!フェス 概要とチケット倍率は?

ラブライブ!フェスの一回目の先行抽選に結果が出ました。

気になる倍率ですが、どのくらいになったのでしょうか。




***




ラブライブ!フェス 概要 さいたまスーパーアリーナ

会場:さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)

開催日:2020年1月18日(土)、1月19日(日)

収容数:37,000人

開催が二日間ということなので、74,000人が動員されます。

ちなみに、Aqoursのライブで使われた会場の動員は以下のとおり

メットライフドーム 33,556人

東京ドーム 57,000人

メットライフドームよりは、動員数は多いですよね。

ただ、ラブライブ!フェスはAqoursだけでなく、μ’sやSaint Snow、虹ヶ先同好会も参加するのでチケット倍率はこれまでとは桁違いでしょう。




***

まず、今回のチケットの先行抽選は「劇場版ラブライブ!サンシャイン! over the reinbow」のBlu-ray BOXに封入された抽選券の当落発表でした。

単純に計算すれば、劇場版のBDを購入した人数とさいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)の収容数ということになるでしょう。

一枚の抽選券につき、二口応募できるので倍になると思われます。

ラブライブ!サンシャイン!劇場版ブルーレイの売り上げについては、詳細の売上げ情報を知ることはできなかったので、おおよその数字での推測になります。

参考したデータは前作「劇場版ラブライブ!」のブルーレイの売上げとラブライブ!サンシャイン!の劇場版動員数です。

劇場版ラブライブ!売上げ 約300,000枚

劇場版ラブライブ!サンシャイン! 動員数 初週 500,000人

劇場版ラブライブ!サンシャイン!BD初週売上 75,000枚

これにμ’sやSaint Snow、虹ヶ咲の人気もあるので

劇場版ラブライブ!サンシャイン!の応募数は2日合わせて、約200,000万口の応募が行われたのではないでしょうか。

※先行抽選はラブライブ!ブルーレイBOX、8月21日発売の「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 Memorial Disc ~Blooming Rainbow~」にも封入されるので倍率は値段が最も安い虹ヶ先のBDに集中するでしょう。

ということで、予想倍率ですがです。

当選確率は18といったところでしょうか。

そんなに高くはないようにも思えますが、、、

正しいデータがわかり次第更新したいと思います。




ラブライブ!フェス当落の反応は?

 





ラブライブ!フェス当落 まとめ

ラブライブフェスのチケット倍率について、まとめてみましたがどうでしたか?

今回はμ’sやSaint Snow、虹ヶ咲といったスクールアイドルが集まったイベントになるのでμ’sやAqoursといったそれぞれ単体のイベントではないため、チケット当選の確立はかなり低いと思います。

また、ラブライブ!サンシャイン!の映画BDの売上げも初週7.5万と前作ラブライブの売上げには及ばないものの、これは人気以前にYoutubeやAmazonプライムといった有料動画配信サービスが普及していることも原因と考えられます。

なので、チケット応募数が多いのは値段的にも安い虹ヶ咲のライブBDに集中するのではないでしょうか。

ちなみに私は、DAY2チケット当たりました。