スポンサーリンク
イベント・ライブ

敬老の日はいつ?孫からもらって嬉しい定番の花の種類は?花言葉をまとめてみた

9月の第3月曜日は、国民の祝日

「敬老の日」です。

敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんに渡すプレゼント、すごく悩みますよね。

この記事を見ている人のなかには、幼稚園や小学校で、おじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵を書いたり、工作したりとしていたと思います。

孫から貰うプレゼントは、どんなプレゼントでも嬉しいですからね。

今回は、敬老の日も近いので贈り物の定番「花」についてまとめていきたいと思います。




敬老の日はいつから始まった?

「敬老の日」は毎年9月の第3月曜日に決められた国民の祝日です。

2003年から、今のように固定されましたが2002年までは曜日に関係なく9月15日が「敬老の日」と定められていました。




敬老の日の趣旨

敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法)によって定められた国民の休日で、

「多年に亘り社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

ことを趣旨としています。

敬老の日のはじまりについて

兵庫県多可郡野間谷村(後に八千代町を経て現在の多可町八千代区)が

1947年(昭和22年)9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりとされています。

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」

という趣旨の元、野間谷村の村長・門脇政夫さんが開催したといいます。

稲刈りも終わり農家は農閑期に入るため9月の中旬とされたのだとか・・・

当時は戦後の混乱もあり、人々の暮らしも疲弊していました。

そんななかで門脇さんは、「養老の滝」の伝説にちなんで9月15日に「敬老会」を開催したとのことです。

その繋がりが全国にも広がっていき、今のように国民の祝日となったようです。

ひとつの村から国民の祝日にまで発展するのは、すごいですよね。

「養老の滝」の伝説ってなに?

岐阜県養老郡養老町の養老公園内にある滝のことです。

菊水泉にも伝わる古今著聞集に記載されている、

滝の水がお酒になったという親孝行の伝説「養老孝子伝説」など故事

「奈良朝元正女帝は、この地を訪れ霊泉で体を洗われると、ご病気が全快しました。」

 




敬老の日はいつ?孫からもらって嬉しい定番の花の種類は?

母の日といえば、カーネーション

父の日は、黄色いバラ

というように、何かの記念日には定番の花の贈り物がありますよね。

敬老の日もお年寄りを敬う日なので定番の花ってあるように思いますが、あまり有名な話も聞かないし、何を選んだらいいかわかりませんよね。

敬老の日 定番の花① りんどう

色んなフラワーギフトを見ていると「敬老の日」に送る花で一番定番といわれているのは、「りんどう」のようです。

別名、疫病草といわれているようです。

疫病草って名前を聞いてお年寄りに送る花にしては不吉ですよね。

でも調べてみると、長寿や健康を願った意味がありました。

それは、枕草子第六四段にあります。

「草の花は撫子。唐のはさらなり、大和のもいとめでたし。女郎花。桔梗。朝顔。刈萱。菊。壷菫。竜胆は、えださしなどもむつかしけれど、こと花どもの、みな霜がれたるに、いとはなやかなる色あひにてさし出(で)たる、いとをかし。また、わざととりたてて人めかすべくもあらぬさまなれど、かまかつの花、ろうたげなり。名もうたてあなる。雁の来る花とぞ文字には書きたる。かにひの花、色は濃からねど藤の花といとよく似て、春秋と咲くがをかしきなり。」

この竜胆つまり漢方薬の原料が、りんどうの花の名前の由来になっているようです。

「胃液分泌を促進して胃腸の機能を高め、食欲不振・胃酸過多・胃痛・胸やけ・消化不良などに卓効がありこれらの症状を緩和させる」

という効果があるようです。

日光の二荒山神社には、神がウサギに姿を変えて教えてくれた薬草の伝説があり、その薬草の根を病人に与えたら、病気が治り、その後、疫病から多くの人を救ったのではないかとされています。

だから、疫病草なんて古名があるんですね。

お年寄りの健康と長寿を願う日にはぴったりの花ですね。

りんどうの花言葉

「悲しんでいるあなたを愛する」




敬老の日 定番の花② ユリ

ユリの花といえば真っ白で、落ち着いたイメージがありますよね。

花の贈り物といえば、バラとかガーベラと真っ先に思いつくかと思いますが、

鮮やかで派手なものが苦手な人には

ユリの花がぴったりだと思います。

ただし、ユリの花には濃厚な甘い香りがします。

なので、ユリの花を大量に購入して花束にするのは避けたほうがいいでしょう。

ユリ一本に何か他の香りの弱い花を混ぜるのが良いのではないでしょうか。

ユリの花言葉

ユリの花は色によって花言葉が異なります。

百合(ユリ)の花言葉は「純粋」「無垢」。

白百合(ユリ)の花言葉は「純潔」「威厳」。

オレンジの百合(ユリ)の花言葉は「華麗 」。

ピンクの百合(ユリ)の花言葉は「虚栄心 」。

黄色の百合(ユリ)の花言葉は「陽気」。

ピンクは贈り物には、あまり向いてなさそうですね。

敬老の日 定番の花② 胡蝶蘭

胡蝶蘭は、特別な日の贈り物にはぴったりの花です。

木漏れ日の差し込む明るい場所に置くのが最適です。

胡蝶蘭は、二度咲きを楽しむ花です。

胡蝶蘭はお花が散ってしまっても、きちんと手当をしてあげれば、何度でも茎が伸びてきて、お花を楽しむことができる生命力の強い植物なんです。

お手入れについては、以下のサイトが詳しく書いてあります。

 

敬老の日 定番の花の贈り物まとめ

調べてみると、色んな種類の花がありました。

意味も知らずに送るのと、知った上で送るのとでは全然違ってきますので

この記事を読んだ人が少しでも敬老の日の贈り物の参考にしてくれたら嬉しいです。