スポンサーリンク
未分類

畠山選手 ヤクルト現役時代の年俸は?経歴や活躍についてまとめてみた。

東京ヤクルトスワローズの畠山和洋選手が今期限りで現役の引退を発表しました。

畠山選手はチームのなかでも打撃力に優れていて、対左投手に強いことで知られています。

近年、ケガの影響からか成績不振が続いており今回引退にいたったのでしょうか。

そんな畠山選手ですが、どんな選手だったのかまとめていきたいと思います。



ヤクルト畠山選手の経歴や活躍についてまとめてみた。

畠山和洋(はたけやま かずひろ)選手 プロフィール

● 畠山和洋

● 岩手県花巻市出身

● 1982年9月13日 生まれ

● 180cm / 96kg

● 右投右打

● 一塁手、三塁手、左翼手

畠山和洋選手 プロ前

畠山選手は小学校4年のときに地元少年野球チームに入団しています。

そのときに野球を始めたようですが、バスケットボールもやっていたそうで、小学生から野球一筋というわけではなかったようです。

花巻市立湯口中学校に進学した際に野球部とバスケットボール部のどちらに入るか、候補にあったようですが進学した花巻市立湯口中学校にはバスケットボール部がなく、野球部に入部したとのことです。

その頃から、野球に専念するようになりみるみる頭角を現すようになります。




中学時代の畠山選手は、我流のフォームで中学時代は知られていたようで、我流のフォームの割には飛距離も飛びぬけていて、中学3年の頃には県大会で優勝しています。

高校は父、兄と同じ専修大学北上高等学校に進学していて、三塁手として一年の頃からレギュラーとして活躍しました。

そこで、打撃フォームを矯正しています。

2000年のドラフト会議では、東京ヤクルトスワローズからドラフト5位で指名を受け、契約しています。

現在、プロ19年目になります。

畠山和洋選手 ヤクルト時代

2002年に19本塁打・56打点を記録しイースタンリーグの本塁打王、打点王に輝いています。同時にエラー数19を記録していて、打率.259の72三振と打撃が安定しないようでした。

そのため、2004年までは2軍での生活が続いていました。

2004年 8月ラミレス選手と交代で、一軍に昇格しています。

8月6日の横浜戦で初出場、10月7日に巨人戦で初安打を記録しました。

2011年には初スタメンで4番となった試合で、2本塁打の成績を出し、その年のオールスターにファン投票で出場しています。

この頃から調子が上がり始めて、翌年の2012年オールスターには監督推薦を受けて出場。地元岩手県で行われた第3回戦は全セ・4番でソロホームランを打って確かな成績を出しています。

2015年には、通算100本塁打、チーム日本人最多で105打点を記録してヤクルトを優勝に導いています。

2016年からケガの悪化が重なり、以降目立った成績は出せず、2017年に「分の衰えを含め、悔しいというか悲しい」と語っています。




今朝のスポーツ誌では畠山選手の引退が大きく報じられています。

ヤクルト・畠山和洋内野手(36)が今季限りでの現役引退を決断したことが7日、分かった。2015年には打点王に輝き、14年ぶりのリーグ優勝に貢献するなどチームを支えてきたが、今季は両ふくらはぎの故障が続き、1軍での出場機会なし。プロでの19年間を「幸せな野球人生」と振り返った。

チームの今季4位以下が確定した日、畠山が現役生活に終止符を打つことが判明した。トレードマークのひげに、深く沈み込んで左足を回す独特の打撃フォーム。個性派の名打者が静かにバットを置く。

「幸せな野球人生でした。安打は1000本打てなかったし、本塁打も150本打てなかった。最後はけがも多かった。でも、19年できたのは誇りだった」。畠山は19年間のプロ生活を感慨深げに振り返った。

岩手・花巻市出身。専大北上高から2001年にドラフト5位で入団。2軍時代は練習をさぼり、パチンコ店に入り浸る“問題児”で、当時2軍を指揮していた小川監督から厳しく指導されたこともあった。

改心した遅咲きの和製大砲は、東日本大震災が発生した11年に23本塁打をマークしてレギュラーに定着。翌12年には故郷の岩手県営野球場で行われたオールスター第3戦で本塁打も放った。

15年には4番打者として105打点を挙げて打点王に輝き、14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。「優勝できたのが一番、うれしかったかな。プロに入って唯一涙したのが、あの場面」。近年は強打を支えた下半身が悲鳴をあげ、今季は両ふくらはぎの故障が続いて1軍での出場機会はなし。引き際を自ら決めた。

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20190908/swa19090804000001-n1.html

畠山選手 現役時代の年俸は?

畠山選手の経歴として、とても大きい2015年。

畠山選手自身も2015年に打点王に輝き、ヤクルトを優勝に導いた功績は印象に残っているようです。

その成績もあって2016年には年俸1億3000万円で契約しています。

ケガなどもあって成績が低迷した2018年は、大幅に減額され4000万円となりました。

畠山選手 ヤクルト現役時代の年俸は?経歴や活躍についてまとめてみた。