スポンサーリンク
ニュース

10%増税キャッシュレス決済のポイント還元はいつまで?

10月1日から消費税が10%に増税となるものの、酒、たばこ、日用品を除く飲食物は軽減税率が適用され、会計後のレシートには10%と8%の商品が混同するという、ややこしい状態になっています。



なかでも混乱を招いているのは、コンビニなどの会計でバーコード決済やクレジット決済を行うと最大5%のポイント還元が適応されるなど、普段からキャッシュレス決済を使う人と使わない人とで、格差が生まれています。

そんなポイント還元も無期限というわけではなく、期間限定となっています。

今回は、ポイント還元がいつまで行われるのかと題して

お得なポイント還元の使い方を書いていきたいと思います。



キャッシュレス還元とは

キャッシュレス還元とは、キャッシュレス還元加盟店で指定の決済方法で会計を行った場合、最大で5%のポイント還元を受けられる仕組みのことです。

増税とは別に、キャッシュレス決済推進を目標にしています。

キャッシュレス決済ができるお店だからといって、全てのお店でポイント還元が受けられるわけではありません。

キャッシュレス還元を受けるためには、上記画像が掲示されている店で指定された決済方法で支払わなければ、キャッシュレス還元を受けられません。

当然、キャッシュレス決済が出来る店であっても、キャッシュレス還元加盟店でなければキャッシュレス還元は受けられません。

ちなみに、キャッシュレス還元を受けられない業種も存在します。

【キャッシュレス還元が受けれ荒れない業種・取引】

●国・地方公共団体・公共法人

●金融商品取引業者

●風俗営業

●保険薬局

●有価証券・切手・印紙等

●新築住宅・車

●宝くじ

●給与

キャッシュレス還元加盟店を探すアプリもあるので、必要であればスマートフォンに入れておくといいかもしれません。

iOS:https://apps.apple.com/app/id1477479075

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.cashless.android




キャッシュレス決済のポイント還元はいつまで?

キャッシュレス還元は無期限で行われるわけでは、ありません。

キャッシュレス還元が受けられる期間は2019年10月1日から2020年6月の9ヶ月間です。

来年は、オリンピックもあるので外国人観光客に向けてキャッシュレス決済を推進していきたいという政府の思惑が見え見えです。



キャッシュレス決済はどれがいい?おすすめは?

●Paypay :定期的にキャンペーンを行っている。コンビニでの還元率高め

●楽天Pay:対応店舗で必ず5%以上の還元

●LINEPay:大手コンビニでは必ず使える

●d払い:最大20%還元

●auPay:楽天Payと提携していて、セブンイレブンでは20%還元

普及率や定期的なキャンペーンを行っていることを考えるとPaypayがおススメでしょうか。

還元率が高いd払いは、ドコモユーザー以外はクレジットを作る必要があるので、注意です。

普段からキャッシュレス決済を行っている消費者は、得をしますが

現金主義の消費者や高齢者には、無縁のように感じてしまうほど、キャッシュレス推進になっているのではないでしょうか。




10%増税キャッシュレス決済のポイント還元はいつまで?まとめ

私も普段は、Edyやクレジットを使うのでキャッシュレス還元は非常に助かっています。

むしろ増税前より数円ですが、安くなってる!?でも期間限定なんですよね。

日本人そっちのけで、外国人に対するアピールにしか見えなくて日本の消費者はついていけませんね。