スポンサーリンク
未分類

日米FTAをわかりやすく解説!保険の破綻と二次創作が禁止?

日米FTAが成立すると日本の保険制度が破綻し、二次創作が禁止になるのでは?と話題になっています。

日米FTAについて、わかりやく解説します。

本当に二次創作が禁止になり、保険制度が破綻するのでしょうか。




日米FTAをわかりやすく解説

日米FTAとはいったい何か。

一言でいうと『日本とアメリカとの間で行われる貿易の自由化』です。

FTA=Free Trade Agreementの略で、貿易に掛かる関税の撤廃や引き下げを日本とアメリカで取り決めて、自由な貿易を行おうというものです。

  • 牛肉
  • 牛タン
  • 牛の臓器
  • 豚肉
  • 加工肉(ハムやベーコン)
  • 鶏肉(冷凍)
  • フローズンヨーグルト
  • ホエイ
  • チーズ
  • オレンジ
  • りんご
  • 小麦
  • 大麦
  • 麦芽
  • ケーキミックス
  • ブドウ糖・果糖
  • 落花生
  • スパークリングワイン
  • ボトルワイン

これらのものの関税が撤廃され、今までより安く日本に輸入されます。

日米FTAで日本の医療や社会保障が破綻するのか

ツイッター上では、医療や社会保障が破綻するのでは?と騒がれています。

しかし、現段階でそういった話は出ていません。

完全にデマです。

情報元は定かではありませんが

おそらくは、2009年頃から環太平洋経済連携協定(TPP)と混同して考えている人がいるのが原因なのではないでしょうか。

貿易の自由化がどこまで行われるのかわかりませんが、TPPの関税撤廃の対象にジェネリック医薬品や医療器材、知的財産や著作物が含まれていたことが

再び火種となったのだと個人的には思います。



日米FTAで医療制度や国民皆保険への影響

日米FTAが行われて国民皆保険や医療費が跳ね上がり、日本の医療制度がはたんすることは、今のところありません。

これは、一つの懸念事項になり

アメリカが日本よりも先に締結した米韓FTAが良い例になると思います。

韓国では米韓FTA締結後、営利病院を建てる動きがあり、反対運動が起こっています。

アメリカの営利病院の権利を保護するために公共病院や非営利病院へ圧力が働くことが過去の事例から考えられるためです。

日本は超高齢社会で、働き手の減少、年金制度の破綻、終始雇用制度の破綻によって、経済危機に瀕しています。

そのため、民営化という手段は国の支出を削減する手法が一番なのですが・・・

現時点では、医療制度や保険制度は日米FTAの条約には無いので

ツイッターで不安を煽るような内容はデマと言えます。

日米FTAで二次創作が禁止?

日本のアニメ文化は世界に誇れるものですから、二次創作というものも需要があります。

Q.日米FTAで、二次創作が禁止になるのか?

A.禁止になりません。

理由は、

権利側に損害を与えない範囲であれば認められる からです。

実際、日本の二次創作でアニメ業界が儲かっているのも事実で、双方に利益がある面もあります。

ただ、転売や海賊版のサイトに関しては完全に禁止となると思うので、むしろ権利者側へお金の流れがスムーズになる仕組みづくりがされるのではないでしょうか。

日米FTAについてまとめ

現在ツイッターで騒がれているように

日本の医療制度の破綻や二次創作が禁止されるようなことは

現時点ではありません。

ただ、今後条約に追加されることは可能性としてあります。

現在、ツイッターなどで騒がれているような内容も

TPPのときに出回ったような内容が多く、日米FTAと関係ないものが多いため安易に信じないほうがいいと思います。

今後も日米FTAについては注目する必要があります。

 




 

スポンサーリンク