ニュース

エアロゾル感染とは?飛沫感染と空気感染の違いは?【新型コロナウイルス】

連日、新型コロナウイルスのニュースが取り上げられています。

毎日感染者が増えて、日本人でも亡くなった方が出たようです。

感染力の強い新型コロナウイルスですが「エアロゾル感染」する疑いがあると、話題になっています。

エアロゾル感染する新型コロナウイルスにマスクは効果ある?それとも無意味?エアロゾル感染する新型コロナウイルスですが、 エアロゾル感染は目や鼻からも感染するため市販のマスクは効果があるのか非常に気になると...

ここにきて「エアロゾル感染」ってなに?と疑問に思ったので、今回はエアロゾル感染について記事にしていきます。



エアロゾル感染とは?

一般的に聞く、空気感染や飛沫感染と「エアロゾル感染」はどう違うのでしょうか。

調べてみると感染力は、飛沫感染よりもエアロゾル感染の方が強いみたいです。

エアロゾル感染と飛沫感染の違い

簡単にいうと

空気中に留まった目には見えないウイルスが、吸入されたり、目や鼻から体に入ることで感染を引き起こしてしまうこと。

一方で、飛沫感染はウイルス核と呼ばれるものが大きくすぐに落下してしまうので、咳やくしゃみなどで人から人へと感染します。

インフルエンザなどが飛沫感染の良い例ですね。

エアロゾル感染と空気感染の違い

では、空気感染との違いはどうでしょうか。

空気感染は、

比較的長い間空間をさまよい、遠くまで飛んでいくことができます。2 mを超えるような距離でも感染することがあるため、電車などで同じ車両に乗車すると感染する可能性もあります。

非接触でも感染する場合があるみたいです。

ちなみに空気感染する感染症は、 麻疹、水痘、結核と定められています。



まとめ

中国政府から、エアロゾル感染すると発表があった新型コロナウイルスですが

まだまだ感染者があとを絶たない状況にあります。

もっと早くにエアロゾル感染するとわかっていたんじゃないですかね?

新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えている中国国内では、医療施設の建設も急ピッチで進められている状況ですが


これじゃ、収容者同士で感染を促すことになりませんかね?

 

関連記事