人物

高山義浩医師の経歴と学歴がやばい!評判と厚生労働省との繋がりは?

2月18日にYoutubeに投稿された『ダイヤモンドプリンセスはCOVID-19製造機』という動画が反響を呼びました。

投稿したのは岩田健太郎という神戸大学の教授で

話に出ていた「厚生労働省の某氏」というのが高山義浩という人物だったようです。

話題を呼んだ動画だっただけに高山義浩氏という人物が気になったため、プロフィールをまとめてみることにしました。

岩田健太郎の評判は?出身高校や経歴など!ミヤネ屋出演で話題の人。岩田健太郎という人が 岩田健太郎神戸大教授がダイヤモンドプリンセス号の驚愕実態をYouTubeにアップしたことで話題になっています...



高山義浩ってどんな人?

名前:高山義浩(たかやま よしひろ)

生年月日:1970年

出身地:福岡県福岡市

学歴:1995年 東京大学医学部保健学科卒業→2002年 山口大学医学部医学科卒業

高山義浩の肩書

  • 群馬大学医学部非常勤講師
  • 神戸大学医学部非常勤講師
  • 琉球大学医学部非常勤講師
  • 日本医師会総合政策研究機構非常勤研究員
  • 沖縄県地域医療構想検討会議委員
  • 沖縄県在宅医療・介護連携推進事業統括アドバイザー
  • うるま市高齢者福祉計画策定委員会委員

高山義浩 経歴のまとめ

高山義浩氏は東京大学医学部保健学科卒業後は、世界の貧困や紛争などの取材するフリーライターでした。

そこでの経験を通して、感染症に苦しむ人々を救いたいという思いから医者を目指したそうです。

そこで、山口大学医学部医学科へと進み医師免許を取得しています。

専門は臨床学・感染症ということで、

2008年 厚生労働省健康局結核感染症課で、パンデミックに対応する医療提供体制の構築

2014年 厚生労働省医政局地域医療計画課で、高齢化を含めた日本の社会構造の変化に対応する地域医療構想の策定支援

専門分野以外でも多く活躍されています。



高山義浩が厚生労働省に勤務する訳と繋がりは?

新型コロナウイルスの有識者として厚生労働省で働くのが岩田健太郎の動画に出てくる某氏「高山義浩」なのです。

2020年2月1日から、有識者(技術参与)として厚生労働省に勤務しているため、ごく最近からなんですね。

高山義浩氏は、感染症にも知識があり厚生労働省と過去に繋がりがあったことから、新型コロナウイルスの有識者として白羽の矢が立ったのではないでしょうか。




高山義浩の評判とネットの声

『ダイヤモンドプリンセスはCOVID-19製造機』というパワーワードが衝撃的でしたが、岩田氏の動画に対して、高山義浩氏も見解を述べていました。

一部抜粋します。

岩田先生をご存じない方々には、ちょっと刺激が強すぎたのかもしれません。ただ、下船していく乗客の方々、現場で頑張っている方々を追い詰めかねない内容なので、事実は事実と認めつつも、動画のなかに登場する当事者として、勘違いされていること、抜けているところは修正させていただきたいと思います。

***

>厚労省で働いている某氏から電話がきて「入ってもいいよ」と、「やり方を考えましょう」ということでした。

これ、私ですね。ただし、「入ってもいいよ」とは言ってません。その権限はないので。ただ、「やり方を考えましょう」とは申し上げました。そして、環境感染学会が活動していたので、そこを通じてなら活動できるかもしれませんとアドバイスしました。でも、申し込むも(しばし放置されたのちに)断られたとのことでした。

現場は乗客の下船に向けたオペレーションの最中であって、限られた人員で頑張っているところだったからです。そうしたなか、いきなり指導を始めてしまうと、岩田先生が煙たがられてしまって、活動が続けられなくなることを危惧したのです。まあ、クルーズ船とは特殊な空間ですし、ちょっと見まわしたぐらいでアドバイスできるものではないとも思ってました。

全文が気になる方は玉木雄一郎代表のツイートのリンクからいけますよ。

どうやら、岩田教授の動画では誤解される部分も多く、そのため動画が削除されたのだと思います。

岩田教授の動画に対し、高山義浩氏は冷静に答えているようですね。

まとめ

岩田教授の動画が炎上したことで、事態の火消し役を担った高山義浩氏、ネットでも安堵した声が聞こえてきます。

 

こちらもよく読まれています。



関連記事