ニュース

名古屋高速封鎖、再開はいつから?コロナウイルスの影響で閉鎖期間など詳細

名古屋で新たに新型コロナウイルス感染が4人確認されました。(2月22日)

その中の一人には、

名古屋高速に勤務する60代男性だったとのことで、濃厚接触の疑いがある職場の52人も自宅待機をすることとなり、名古屋高速の6つの料金所が閉鎖される事態

となりました。



名古屋高速緊急閉鎖の経緯は?

名古屋高速道路公社が料金収受会社の事務員の60代男性が新型コロナウイルスに感染したというニュース。

感染した60代の男性は、料金所での業務は行っていないことから感染が確認された22日を含め、潜伏期間も含めても高速道路を利用した人への空気感染等は心配いらないと思われます。

ただ、濃厚接触した職員の中に料金所業務を行っていた人がいたとすると、エアロゾル感染の可能性があるため、気をつけた方がいいと思います。

しかし、料金所職員52名と濃厚接触があるとして、職員に自宅待機を命じたところ

人手不足に陥り、料金所業務が行えない状況になったという経緯がありました。

ETCも利用することができないので気をつけましょう。



閉鎖された料金所はどこ?

六番南(名古屋市熱田区)
木場(名古屋市港区)
六番北(熱田区)
船見(港区)
烏森(名古屋市中村区)

23日からは、東海新宝(愛知県東海市)も閉鎖されるとのことです。



料金所再開の目途は?ツイッターの反応は?

料金所の閉鎖でETCも使えないことから、3連休で外出される方は下道を前もって調べるといいかもしれません。

再開の目途は今のところ立っていません。

感染がさらに広がってはいけないので、仕方のないことですね。