芸能人

永野芽郁 目の下の線は整形痕?ゴルゴラインって何?

永野芽郁さんが2月24日(月)のしゃべくり007に出演します。

永野芽郁さんといえば、仮面病棟で坂口健太郎さんとW主演で注目されていますね。

永野さんは、かわいいのですがネット上では目の下の線が気になると話題になっています。

まさか整形痕?気になったので調べてみました。

永野芽郁の目の下の線は何?

 

みんな気になっている様子です。

原因としては『疲れ』とか『生まれつき』とか『ケガの痕』と色々考えられますが、最近人気でテレビやドラマ、映画と忙しいので、疲れかな?心配という人が多いようですね。

永野芽郁の目の下の線はゴルゴ線?

永野さんの目の下の線は『ゴルゴ線(ゴルゴライン)』というものらしいです。

正式な名前は「ミッドチークライン」といいます。

顔の線が不自然だったため、整形疑惑が浮上していたようです。

ライトの当たり方やメイクの仕方次第で線は薄くみえることがありますが、今では永野さんのチャームポイントだといえると思います。

結構、好印象ですよね。

永野さんのゴルゴ線は生まれつき持っていたようです。

これは高校時代でしょうか?確かにうっすらと影がありますね。

ゴルゴ線(ミッドチークライン)ができる原因

永野さんのようにかわいい人にゴルゴ線って、名前が似合わないですよね。

漫画「ゴルゴ13」の主人公の頬にくっきり線が描かれていた理由 そこから名前をとってゴルゴ線と呼ばれるようになったのです。

ゴルゴ線はシワではなく、筋肉や皮膚のたるみが原因で脂肪が垂れ下がっているからできるのです。

ゴルゴ線ができやすい人の特徴

目下の脂肪が少ない人

目をよく使い、クマができやすい人

目が大きい人

パソコンをよく使う人

なんか、現代人に見受けられることばかりですよね。

永野さんは、目が大きいことと小さいことからゴルゴ線があるため疲労からきているものではないことがわかります。

まとめ

生まれつきの体質でゴルゴ線があるということは、昔から苦労していたこともあったはずです。

これからも永野芽郁さんの活躍を応援しています。