人物

古関裕而の息子は古関正裕。現在は何している人?プロフィールについて

2020年3月30日から放送がスタートされる朝の連続テレビ小説「エール」

主演は窪田正孝さんで、ドラマのモデルとなっているのは

福島県生まれの作曲家・古関裕而さん、その妻・金子(きんこ)さんの生涯を描いた作品となります。

古関裕而ってどんな人?

名前:古関裕而(こせき ゆうじ)

本名:古關 勇治

生年月日:1909年8月11日

享年:80歳(1989年8月18日)

出身:福島県福島市大町

地元福島県福島市の呉服店『喜多三(きたさん)』が実家となります。

古関裕而さんの父親が音楽好きということもあり、大正時代には珍しい蓄音機を購入し古関家には毎日音楽が流れていたそうです。

そこから、独学で作曲の勉強をし、作曲の道を志すことになります。

10歳のときに楽譜を読めるようになり、クラスメイトが古関さんに作曲を依頼するなど、子供の頃から作曲に親しむようになります。

のちに野村敏夫とコンビを組んで、名曲を生み出します。

暁に祈る

シンガポール晴れの入城

かちどき音頭

嗚呼神風特別攻撃隊

古関裕而の息子・古関正裕は?

古関正裕さんは若い頃はバンドマンでした。

古関裕而さんの生家の名前を冠した音楽ユニット「喜多三」ライブで父親の曲を演奏するなどして、古関裕而さんの音楽のすばらしさを伝えています。

名前:古関正裕
生年月日:1946年(昭和21年)

正裕さんの若いころといえば、日本では、ビートルズの来日するなど洋楽がアツい時代でした。

正裕さんも父・裕而さんの影響からか音楽に興味があり、小学1年から12年間、高校生が終わるまでピアノを習っていたそうです。

しかし、音大に進むことはなく早稲田大学の数学科に進んでいます。

大学卒業後は、大手新聞会社・日本経済新聞社に就職しデータベース、オンライン情報サービスなどシステム開発の仕事をしていました。

古関正裕さんの現在は

青山で輸入婦人服のセレクト・ショップ「ブティック・ラフィーナ」を経営しながら、2008年に小説「緋色のラプソディー」を出版するなど執筆活動もしています。

2013年に音楽ユニット『喜多三』を結成し

●父・裕而の楽曲を演奏
●曲や歌手にまつわるエピソードを映像を交えて紹介するトーク

といった内容で、ライブ活動を行っています。

まとめ

小さい頃は、父の跡を追うことを気にして裕而さんの曲を演奏することを避けていた正裕さんですが

定年後に父の曲に再度触れ、その素晴らしさを身に染みて感じたようです。

3月30日からのドラマ放送が楽しみです。

 

こちらもよく読まれています。



関連記事