人物

井戸敏三(兵庫県知事)ヘラヘラ会見やマスクを中国に支援など無能すぎる

兵庫県知事がツイッターのトレンドになっていました。

どうも調べてみると兵庫県知事の井戸敏三さんは無能と言われているようで、その理由を調べていきたいと思います。

井戸敏三ってどんな人?

井戸敏三兵庫県知事は、度々不適切な発言で炎上しているようです。

調べてみると、私自身も「あーこの人か!」と記憶に残っていました。

名前:井戸 敏三(いど としぞう)

出身:兵庫県揖保郡新宮町

学歴:東京大学法学部

生年月日:1945年8月10日

揖保郡新宮町は現在のたつの市にあたります。

井戸敏三兵庫県知事が会見で言ったことは?

兵庫県知事の井戸敏三さんといえば、

2001年に初当選した選挙期間中に起きた明石歩道橋事故で明石警察署の対応に不手際が多く、死傷者が多く出たことから「私には関係ない」「選挙期間中に知事が実質空席状態だから、知ったことではない」と発言したことが有名です。

今回、ツイッターのトレンドに載ったのは、4月2日に行われた会見が原因でした。

兵庫県の井戸敏三知事は2日、新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休校している県立学校(高校、特別支援学校など)176校について、新学期が始まる8日に再開する方針を固めた。公共交通の通勤ラッシュを避けた生徒の時差登校などで、感染予防を図る。7日が期限だった「大阪、神戸など人口密集地との不要不急の往来自粛」は、県民への要請を2週間延長する考え。3日午後に開く県の対策本部会議で、正式に決定する。

引用:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202004/0013242301.shtml

8日に学校を参加する方針を示しましたが、朝のラッシュを避けた登校をしたり、下校時間を早めたりと対策を講じながらの再開ですが、兵庫県にはクラスターもいることから「何を考えてるんだ」「無能だ」という批判の声が集まっています。

ネットの声

まとめ

この状況でヘラヘラ笑いながらの会見が、問題になっていました。

新型コロナウイルスで亡くなっている人も多いので、過去の無神経な態度は昔から直せていないようですね。