ニュース

鳩山二郎の60代国会議員秘書がコロナ感染で濃厚接触者や感染経路はどこから?

自民党の鳩山二郎衆議院議員の60代男性秘書が新型コロナウイルスに感染したとニュースになっています。

芸能人やテレビ業界での感染が相次ぐ中で、国会議員の秘書の感染が確認されたのは初めてで、これから国会議員にも感染が広がるのではないでしょうか。

今回は『鳩山二郎の60代国会議員秘書がコロナ感染で濃厚接触者や感染経路はどこから?』ということで、まとめていきたいと思います。

鳩山二郎の60代国会議員秘書がコロナ感染

鳩山二郎衆議院議員の60代秘書について、詳しいプロフィールは明かされていません。

公表されているのは、60代で男性ということだけです。

鳩山二郎衆院議員は、亡くなった鳩山邦夫氏の息子で世襲議員です。

末端の議員秘書まで感染が確認されるということで、自民党本部としては万が一党内で新型コロナウイルスの感染が確認された場合のマニュアルが徹底されているのだと思います。

しかし、国会も人が密集しているイメージがありますから、これから感染が広がるのではないかと心配になりますね。

鳩山二郎の60代国会議員秘書がコロナ感染で濃厚接触者は?

鳩山二郎議員の秘書の感染が確認されたのは、10日ということで、一週間前から発熱・嗅覚障害などの症状を訴えていたといいます。

濃厚接触者として、鳩山二郎議員は当然挙げられるでしょうし、濃厚接触者と接触して感染する可能性もあるため、鳩山二郎議員とかかわった人たちにも感染が広がるのではないか心配になりますね。

もし、国会議員に感染が広まって国政機能が止まってしまったら、日本は終わってしまいますから、そうならないように対応をしっかりお願いしたいものです。

鳩山二郎の60代国会議員秘書の感染経路は?

鳩山二郎衆議院議員の60代秘書の感染経路には公表されていないため、詳しいことはわかっていません。

ただ、4月1日まで国会議員が利用できるトレーニングジムに自民党内からも何人か出入りしているとの報道がありました。

その中で無症状感染者が出て、もしかしたら鳩山議員の秘書は接触してしまった可能性というのは、、、少し考えすぎでしょうか。

こちらもよく読まれています。



関連記事