ニュース

神戸西警察署でコロナクラスター発生?署長と副署長は誰で顔画像はある?

神戸西警察署で4月10日に8人の感染者が確認されたニュースで、神戸西警察署の署長と副署長の感染が確認されたと、新たにニュースになっていました。

その感染のニュースを見てみると、神戸西警察署では3月末に居酒屋で懇親会が開かれていたようです。

また、その懇親会について、神戸西警察署の副署長は『懇親会は行っていない』と嘘もついていたようで、ネットではあきれた声が続出しています。

今回は『神戸西警察署の署長は誰?コロナ感染で居酒屋で懇親会?』と題して、まとめていきたいと思います。

神戸西警察署でコロナクラスター発生?

世間が新型コロナウイルスの影響で自粛ムードになっていた中で、神戸西警察署は居酒屋で懇親会を行っていたということです。

市民の生活と安全を守る警察官が、この有様というのは非常に憤りを感じますね。

しかも、嘘をついているので懇親会を行ったことがまずい!と思ってのことだと思いますし、嘘をついた副署長も感染が確認されています。

神戸西警察署の署長と副署長は誰?

神戸西警察署の120人が現在自宅待機となっている状況です。

神戸西警察署でのクラスターが発生した可能性があるため、感染者との濃厚接触があったための自宅待機でしょう。

神戸西警察署の署長の名前は、北山正紀(きたやま まさき)さんという方で、この春に神戸西警察署に移動してきた署長のようですね。

その歓迎会ということで、3月末に居酒屋で飲み会が開かれたとのことでした。

残念ながら、神戸西警察署の副署長についての情報は公開されていませんでした。

神戸西警察署の署長と副署長は誰で顔画像は?

神戸西警察署の署長について顔画像ですが、神戸西警察署のホームページの署長挨拶のページに似顔絵が公開されていました。

神戸西警察署の署長似顔絵はこちらから ⇒ 神戸西警察署署長 北山正紀似顔絵

副署長の画像については、公開されていません。

まとめ 神戸西警察署でコロナクラスター発生?署長と副署長は誰で顔画像はある?

規律を守る警察官が嘘をついて、懇親会を行っていたというとがっかりしますよね。

警察官だけでなく、日本人は新型コロナウイルスに関して危機感の無さがすごいと個人的には感じています。

緊急事態宣言が出されている中で、人が密集している場所に出かける人も週末見受けられましたし、一体このままで終息は見えてくるのか心配でなりません。




関連記事