テレビ

胎児性腫瘍(JIN-仁)が怖い!?正体ってなに?バニシングツイン現象?

2009年に放送が始まったドラマ『JIN-仁』が再放送されていますね。

放送当時からとても人気のドラマで、私も毎回泣かされていました。特に子役の伊澤柾樹くんの演技に驚いて、何度も涙したのを覚えています。

そんな喜一役の伊澤柾樹くんの現在については、こちらの記事をご覧ください。

【JIN 仁】喜一(きいち) 子役の現在は?事故で大怪我していた?大沢たかおさん主演の『JIN-仁』が 4月18日(土)から土日三週連続で、特別編集版が放送されます。 日曜劇場『JIN-仁』...

JIN-仁 は、現代の外科医が江戸時代にタイムスリップするというドラマになります。タイムスリップモノということで、謎はたくさんありますが、中でも胎児の形をした腫瘍はドラマを見終わっても謎でした。

今回は『胎児性腫瘍(JIN-仁)が怖い!?正体ってなに?バニシングツイン現象?』と題して、JIN-仁に登場した胎児腫瘍についてまとめていきたいと思います。

JIN-仁に登場した胎児性腫瘍が怖い!?

2009年に放送が始まったドラマ『JIN-仁』が再放送されています。

当時話題だったドラマということもあって、やはりトレンドに上がってきましたね。私もみています。

ドラマ『JIN-仁』に登場した胎児の形をした腫瘍はドラマの中でも謎でしたし、今回の再放送で初めてご覧になった方も、トラウマになった人も多いのではないでしょうか?

JIN-仁に登場した胎児腫瘍については、次にまとめてあります。

胎児性腫瘍(JIN-仁)の正体って何?

JIN-仁に登場した胎児の形をした腫瘍の正体については、ドラマで語られます。

ネタバレが嫌という方はブラウザバックをお願いします。

胎児型腫瘍の正体として、一番有力なのは『バニシングツイン現象』が一番有力になっています。ドラマの冒頭で南方先生が謎の包帯男を手術したシーンでも『バニシングツイン現象』ではないか?って言われていましたね。

海外では、バニシングツイン現象の症例が確認されているそうです。

胎児性腫瘍(JIN-仁)の正体 バニシングツイン現象とは?

謎の包帯男の頭から出てきた胎児型腫瘍は『バニシングツイン現象』が一番近い症例です。

いったいこの『バニシングツイン現象』とは、どういった症例なのでしょうか。

『バニシングツイン現象』は海外では、確認されている症例で、二卵性の双子を妊娠した場合に起こる現象のようです。

双子の片方がうまく育たず、もう一方の胎児に宿ってしまう

という、極めて稀な現象のようです。