ニュース

9月入学で年齢・早生まれは?入試や就活・部活の大会スケジュールはどうなる?

9月入学制度が注目されています。

長引く臨時休校といつ臨時休校が明けるかわからない状況が続いているため、検討されている制度です。

今回は『9月入学で年齢の区切り早生まれは?入試や就活はどうなる?』と題して、記事をまとめていきたいと思います。

9月入学制度が導入される?

9月入学制度が検討され、注目を集めていますね。

日本では、桜の咲く時期に卒業・入学が当たり前となっていますが、世界基準でみると9月入学というのはメリットなのかもしれません。

公立高校の休校が続く中で、私立高校は授業を再開しているところもあるなど、学力格差への不安が上がっていることから、各地方自治体の首長が提言していることから、安倍首相も言及していましたね。

ちなみに日本でも明治維新で欧米文化を取り入れていた明治初期は9月入学制度が取り入れられていたそうです。

ただ、今日本で9月入学制度が導入されると様々な面で影響が出てくるでしょうね。

9月入学制度で年齢の区切りはどうなる?

9月入学制度が導入されれば当然問題になってくるのが、年齢です。

4月入学が導入されている現在は、4月2日から翌年の4月1日までを区切りとした年度制が用いられています。

9月入学が導入されれば9月2日から翌年の9月1日までを学年の区切りにすると考えられるので、いろいろとややこしいことになってきますよね。

日本の生活様式に4月入学というのが当たり前となっているため、今このタイミングで変えるとなると様々なところに影響がありますよね。

一番気になるのは、入試や就活、部活動などの大会などスケジュールはどうなるのか、という点です。

9月入学制度で入試や就活はどうなる?

9月入学制度が導入されるとしたら、来年4月時点で就職・入学見込みだった人員が無くなることになりますよね。(まあ、この自粛生活が長引けば今のままでも考えられることではありますが)

そうなってくると、入学や就職の時期も見直す必要が出てきます。

ただ、そうなった場合来年秋の就職活動と入学試験の倍率に平年に比べると偏りが出てくるため、その対策もしないといけません。

まともに経済活動が機能していない今、こういった教育現場への改革が鶴の一声で変わるとは思えません。

もし、9月入学制度が導入された場合、大雪やインフルエンザによる心配は無くなるのではないかという点ではいいことかもしれませんね。

ただ、夏は台風や熱中症といった問題がありますからね。

9月入学制度で部活動大会のスケジュールは?

9月入学制度で変わってくるのは、甲子園や吹奏楽や合唱などのコンクールのスケジュールです。

夏に集中する大会が多いため、中・高校生の3年生は、甲子園や吹奏楽コンクールを最大の思い出、青春をかけていることだと思います。

こういった、大会運営のスケジュールも見直さなくてはならないため、教育現場だけの問題ではないですよね。

まとめ 9月入学で年齢・早生まれは?入試や就活・部活の大会スケジュールはどうなる?

長引く公立高校の休校にせまった9月入学制度だと思います。

国際的に見れば、留学しやすくなるというメリットもありますし、日本人の教育現場もグローバル化されて多種多様になると思います。

日本の英語力は今でも低いですしね。

ただ、この9月入学制度は今の時期を逃したら、もう二度と出来ないと思います。

そういった目先のことはありますが、今やることは改革よりも教育が平等に受けられない学生たちへの支援なのではないかと個人的には思います。

例えば『オンライン授業環境の整備』や『奨学金制度の改善』『入学金の無償化・支払い納期の延長』などなど

そういった下準備も出来ていない中で、9月入学制度導入は少し早すぎるのではないかと思います。

今の状況から、日本の法律・制度の粗というものが出ています。

その機に乗じてなんでもかんでも改革というのは、少し違うのではないでしょうか。

こちらもよく読まれています。



関連記事