芸能人

祐真キキ(すけざねきき)顔面麻痺はなぜ?病気の原因は聴神経腫瘍で現在は?

アメリカでテレビドラマや舞台で女優として活躍している祐真キキさん。

有名なドラマ『ヒーローズ』に出演し、世界的に有名となりました。

そんな祐真キキさんは、昨年に顔面麻痺を患い顔の左半分が動かなくなってしまったとのことです。

原因は、聴神経腫瘍ということで判明していますが原因はなんだったのでしょうか。

祐真キキ(すけざねきき)顔面麻痺の原因は?

アメリカで有名なドラマ『ヒーローズ』にミコ・オオトモ役で出演する祐真キキさん、ヒーローズといえば、日本でも人気の海外ドラマですよね。

そんな祐真キキさんは、昨年7月に突然めまいを感じたとのことです。

病院で診てもらうと耳の奥から腫瘍が見つかったそうです。幸い見つかった腫瘍は、良性のもので命に別状はなかったようですが、摘出手術の結果、左顔面が麻痺して動かなくなったとのことです。

顔面神経麻痺の原因としては、聴神経腫瘍の手術による後遺症というのが妥当だと思います。

この腫瘍の手術で、顔面神経麻痺などの後遺症が残ることは、滅多にないようですがあり得ることのようなので、祐真キキさんの例は稀に見られるものなのだと思います。

顔面麻痺がおこると、口の端から水や食べ物が漏れたり、涙が止まらなかったりと日常生活にも支障が出てくるため、早く治療することが大切と聞きます。

現在、祐真キキさんの顔面麻痺は回復に向かっているとのことなので、女優としての活動に今後も影響がないことを願うばかりです。

祐真キキ(すけざねきき)のプロフィール・経歴

祐真キキさんのプロフィールはこちら

  • 名前:祐真キキ(すけざね きき)
  • 本名:祐真希依(すけざね きえ)
  • 生年月日:1989年4月5日
  • 出身地:京都府
  • 身長:153cm
  • 所属事務所:スカイコーポレーション

祐真キキさんの叔父には、スタイリストの祐真朋樹さんがいます。

小さい頃『天才テレビくん』に出たいという思いがあったことから、目立つことが好きでテレビに対する憧れがあったそうです。

中学生になり、アメリカのドラマや音楽に強い関心を持っていたことから、高校はアメリカの高校に進学することを望んでいたようですが、京都府内の高校に進学し、高校2年生のときに1年間サウスダコダ州の高校に留学しています。

本名は祐真希依(すけざねきえ)という名前で、実家は侍の家系とのことです。

祐真(すけざね)という名前って珍しいですが、全国でも20人程度しか居ないようです。

武士の名前から、由来しているといわれています。

聴神経腫瘍ってどんな病気?原因は?

聴神経腫瘍というのは、誰でもなる病気とのことです。

神経細胞を包む繊維が腫瘍になる病気で、手術など治療をしなくても自然に腫瘍が小さくなることもあるようです。

祐真キキさんが突然めまいを覚えて、聴神経腫瘍と診断されたのは、腫瘍により神経が圧迫されていたことが原因なのではないでしょうか。

年齢が進むにつれて、起こりやすい病気とのことです。

聴神経腫瘍ができる原因は、詳しくわかっていないようで、頭痛やめまいなどの症状があるかと思いきや、無症状の人や症状に気が付きにくかったりする場合もあるとのことです。

万が一悪化して、腫瘍が大きくなった場合は神経障害や顔面麻痺を引き起こす可能性もあるとのことですので、身体に異変を感じたら病院にいって相談するのが必要ですね。

摘出するかどうかは、お医者様の診察で決めたほうがいいです。

こちらもよく読まれています。



関連記事