ニュース

筑後川が氾濫!被害場所はどこまで広がる?Twitterの動画まとめやハザードマップは?

2020年7月7日、福岡久留米市の一級河川筑後川が氾濫したとの最新情報がありました。

夜中には、既に氾濫しそうということで近隣住民の方が不安になっていた様子で、鬼気迫る状況となっていました。

現在の状況など、ツイッター等の情報からまとめてみました。

筑後川氾濫最新情報①

筑後川は、九州地方北部を東から西に熊本・大分・福岡・佐賀の4県を流れ有明海に注ぐ一級河川で、氾濫が確認されたのは

大分県の日田市になります。

かなり大きい川になるため、氾濫する箇所によっては一面海のようになってしまう可能性もあります。

筑後川氾濫最新情報②浸水想定は?

筑後川の氾濫で浸水が想定されるのは5m~10mということで、一面海のようになってしまうことが考えられます。

出来るだけ高いところに逃げたほうが良いです。

筑後川氾濫最新情報③ハザードマップ等まとめ

地図を見ると広範囲が浸水被害を受けることが想定されています。

北九州あたりは、被害が少なそうにも見えますが筑後川から枝分かれしている川が氾濫する可能性もあるため、河川近くに住む人はニュースや地域の避難指示に従ってください。

こちらもよく読まれています。



関連記事