ニュース

グッディ熱中症で安藤優子のパワハラ動画は?失言で謝罪なしで嫌い?

連日暑い日が続き、熱中症で倒れる人が多くなっています。実際、亡くなっている方も多くいるので自分は大丈夫と過信しないほうがいいでしょう。

そんな中でフジテレビの『直撃LIVEグッディ!』で安藤優子の放送事故が話題となっています。

気温が高い地域から、キャスターがリポートする中で熱中症になっていたのにも関わらず、リポートを続投させたということが原因みたいです。

今回は『グッディ熱中症で安藤優子のパワハラ動画は?失言で謝罪なしで嫌い?』と題して、調べてみることにしました。

グッディ!安藤優子が失言で放送事故

『直撃LIVEグッディ!』の安藤優子に批判が集まっている原因、気温が高い地域からリポーターが熱中症の疑いがあったにも関わらず中継を続投させたということでした。

炎天下の中でリポートを続けることは視聴者としてもつらいですし、何よりそれが原因で死に至ることもありますから、無理に中継を続けさせるというのはやってはいけないでしょう。

色々、批判されている炎天下でのリポートですが、画面越しに辛そうにしている人が居たら、まず心配してあげるのが良かったのではないでしょうか。

グッディ!熱中症リポートの動画は?

熱中症で呂律が回っていない様子のリポーターを笑いながら、中継を続けさせた安藤優子。

本人は、おそらくバラエティのノリでリポーターと掛け合いをしていたのでしょうが、暑くて頭が回っておらず、何とか休みたいと思ってリポーターは中継をスタジオに返したかったのだと思います。

色んな情報番組でも熱中症には気を付けましょうと呼びかけていたのに、リポーターを心配するどころか笑いながらやり取りを行い、続投させたのには嫌気がさしますね。

安藤優子のこれまでの失言やパワハラは?

安藤優子は、今回の炎天下リポートの問題だけでなく、これまでに多くの失言をしているようです。

例えば水泳の池江璃花子選手が白血病を告白したときに『かわいらしさとすべて持ってると思ったんですけど、武井さんのコメントじゃないですけど、神様がちょっと試練を与えたのかなと思います。と発言

芸能人の訃報に対しても失言を連発しています。

俳優の大杉連さんが亡くなった2018年2月は、平壌オリンピックで女子パシュートが金メダルを取った日でもありました。

加えて『せっかく金メダルをとったのに悲しいニュースが入ってきました』と安藤優子はつづけました。

三浦春馬さんの自殺についても『いい子を演じているのに、疲れちゃったのね』と発言。

これには、高橋克己さんもフォローを入れましたがここまで失言が多く、内容がひどいと人間性を疑ってしまします。

安藤優子の謝罪はあるのか?

調べてみると、今回の炎天下リポートを続行させた件について謝罪はありません。

過去の失言についても調べてみたところ、番組中に撤回したり謝罪したことはありませんでした。

安藤優子本人の人間性もありますが、熱中症に気をつけようと呼びかけているメディア自体が対策を取らずリポーターを危険に晒していたことや、危険な状態や場所でわざわざリポートをする必要があるのかというところに疑問を感じます。

こちらもよく読まれています。



関連記事