芸能人

ブラックパンサー2 続編の代役はどうなる?チャドウィックボーズマン癌で死去

アメリカの俳優・チャドウィック・ボーズマンが亡くなりました。

大腸がんだったということで、43歳の若さで亡くなっています。

チャドウィックさんは、黒人ヒーローとして『ブラックパンサー』で主演を務めていました。

今後のシリーズでブラックパンサーが居ないと作品にも影響が出てくると思いますし、代役などの話はあるのか気になります。

チャドウィックボーズマン死去

チャドウィック・ボーズマンの逝去を確認し、計り知れない悲しみに包まれています。

チャドウィックは2016年にステージⅢの結腸がんと診断され、ステージⅣに侵攻しながらこの4年間闘って生きた、

真の闘志であるチャドウィックは、それを耐え抜いて、あなたが大好きになった映画の多くをあなたにお届けしました。『マーシャル』から『ダ・ファイブ・ブラッドズ』、オーガスト・ウィルソンの『マ・レイニーのブラック・ボトム』など、数えきれないほどの手術や化学療法の合間に撮影されたものばかりでした。

『ブラックパンサー』でキング・ティー・チャラに命を吹き込んだのは、彼のキャリアの名誉だった。自宅で妻や家族をそばに置いて亡くなった。

家族は、あなたの愛と祈りに感謝し、この困難な時期に彼らのプライバシーを尊重し続けることをお願いします。

 

ブラックパンサー続編のキャストは?

チャドウィックボーズマンは結腸がんのステージⅢと診断され、4年間闘病してきたとのことです。

これまでの作品は、闘病中に撮影されていたということで癌と闘いながらも、仕事をしていたのは、まさにブラックパンサーのようなヒーローだったと思います。

シビルウォーからアベンジャーズシリーズにも出演していたため、ブラックパンサーはアベンジャーズの中心的人物でもありました。

2022年5月には、全米公開に向けてブラックパンサー2が公開予定でした。

突然の訃報ということで、ブラックパンサー2に代役を立てるのか撮影がやり直されるのかは情報はありません。

アベンジャーズシリーズで、ローディ役やブルース・バナー役の俳優が変更されましたが2年後の公開を目標にしているとなると、今からでは間に合わなそうです。

もし、代役を立てるとしたら、1作目のブラックパンサーでキルモンガーを演じていたマイケル・B・ジョーダンが一番しっくりきそうな感じがしますが…

チャドウィックボーズマンは結婚してる?

チャドウィックさんの公式コメントでは、妻や子供たちのそばで亡くなったとあります。

結婚していて、お子さんもいるようですね。

43歳という早すぎる死に世界中のファンが驚いています。

ご冥福をお祈りします。

こちらもよく読まれています。



関連記事